消費税の政治力学 : tax politics

書誌事項

消費税の政治力学 : tax politics

岩崎健久著

中央経済社, 2013.10

タイトル読み

ショウヒゼイ ノ セイジ リキガク : tax politics

大学図書館所蔵 件 / 102

この図書・雑誌をさがす

注記

参考文献: p401-404

内容説明・目次

内容説明

消費税が政治に与えた影響、政治が消費税に与えた影響とは!?約40年にわたる消費税の政治過程を、政府・与党、野党、国会、利益集団、マス・メディア、民意の動向をもとに、詳細に解明した渾身作。

目次

  • 第1部 消費税導入およびその直後の見直しまでの動向(昭和40年代〜平成3年)(政府・与党、野党、国会の動向;利益集団の動向;マス・メディア、民意の動向;選挙との関係)
  • 第2部 消費税導入後の税率引上げの動向(平成4年〜平成25年)(政府・与党、野党、国会、利益集団の動向;マス・メディア、民意の動向;選挙との関係;結論および含意)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ