チェーザレ・ベッカリーア研究 : 『犯罪と刑罰』・『公共経済学』と啓蒙の実践

書誌事項

チェーザレ・ベッカリーア研究 : 『犯罪と刑罰』・『公共経済学』と啓蒙の実践

黒須純一郎著

御茶の水書房, 2013.9

タイトル別名

チェーザレベッカリーア研究 : 犯罪と刑罰公共経済学と啓蒙の実践

タイトル読み

チェーザレ・ベッカリーア ケンキュウ : ハンザイ ト ケイバツ コウキョウ ケイザイガク ト ケイモウ ノ ジッセン

大学図書館所蔵 件 / 71

注記

参考文献目録: p368-374

内容説明・目次

目次

  • 第1部 啓蒙思想家ベッカリーア(「拳の会」の活動と『カフェ』の論文;『犯罪と刑罰』の匿名出版;『犯罪と刑罰』の内容;『文体に関する探究』)
  • 第2部 経済学者ベッカリーア(ベッカリーア経済学の研究状況;処女論文「ミラノ公国における貨幣の混乱と救済策」・「開講講義」『公共経済学原理』)
  • 第3部 ミラノ公国行政官ベッカリーア(経済最高委員会の報告;王室政府委員会「第三部局」の報告;王室政府委員会「第二部局」の報告)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ