書誌事項

江戸の遊び絵

稲垣進一編著

東京書籍, 2013.9

新版

タイトル読み

エド ノ アソビエ

大学図書館所蔵 件 / 68

注記

監修: 福田繁雄

内容説明・目次

内容説明

江戸時代は庶民文化の時代である。鎖国と封建制という圧迫された社会状況のもとで三百年近く続いた平和な時代。その中で、庶民のエネルギーはさまざまな形で噴出し、浮世絵をはじめとする世界でも特異な文化が花開いた。本書は、そうした庶民文化の精髄ともいえる浮世絵の中から、とくに「遊び」の精神にあふれ、造形表現のユニークなものだけを選びぬき集大成。

目次

  • 第1章 平面の遊び(絵文字;寄せ絵 ほか)
  • 第2章 立体の遊び(鞘絵;畳み変わり絵 ほか)
  • 第3章 線の遊び(文字絵;釘絵 ほか)
  • 第4章 言葉の遊び(金の成る木;判じ絵 ほか)
  • 特集(奇妙図彙;小紋雅話 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13650881
  • ISBN
    • 9784487808229
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    175p
  • 大きさ
    31cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ