崩壊の経験 : 現代ドイツ政治思想講義

書誌事項

崩壊の経験 : 現代ドイツ政治思想講義

蔭山宏著

慶應義塾大学出版会, 2013.10

タイトル別名

Die Erfahrung des Zusammenbruchs

タイトル読み

ホウカイ ノ ケイケン : ゲンダイ ドイツ セイジ シソウ コウギ

大学図書館所蔵 件 / 123

注記

文献目録: 巻末p8-15

内容説明・目次

内容説明

すべてが瞬く間に変わってしまった—さまざまな思潮が渦巻くワイマール時代。普遍化する複製技術に、きらびやかなキャバレーや大衆文化に、政治イメージの拡散と「点化」に、“現代”の始まりを読む。

目次

  • 第1部 市民層の社会意識—現代思想の前提(「資本主義の精神」とルター派;「文明化」と「文化」—市民層と貴族 ほか)
  • 第2部 “崩壊”の始まり—世紀転換期から一九二〇年代へ(「文明化」の挫折とウェーバーの宗教社会学;社会の多様化—市民層の解体と大衆の成立 ほか)
  • 第3部 “崩壊”の経験—ワイマール時代の「政治思想」(“ポスト・ロマン主義の世界”と市民層—マン、ウェーバー、シュミット;ワイマール期の世代対立 ほか)
  • 第4部 “崩壊”のあと—おわりに(教養と経験—レーヴィットとアドルノの「始まりの意識」;文化産業とテクノロジーの支配—アドルノとアンダース)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ