日米安全保障同盟 : 地域的多国間主義 The U.S.-Japan security alliance

書誌事項

日米安全保障同盟 : 地域的多国間主義 = The U.S.-Japan security alliance

猪口孝, G.ジョン・アイケンベリー, 佐藤洋一郎編

(現代日本の政治と外交, 2)

原書房, 2013.12

タイトル別名

The U.S.-Japan security alliance : regional multilateralism

タイトル読み

ニチベイ アンゼン ホショウ ドウメイ : チイキテキ タコクカン シュギ

大学図書館所蔵 件 / 165

注記

監修: 猪口孝

参考文献: p374-403

内容説明・目次

内容説明

日米安全保障同盟の歴史、経緯、現状、北東アジアとの関係を、代表的な国際専門家執筆陣が分析する!

目次

  • 制約のある同盟—日本とアメリカと地域安全保障
  • 日本から見た日米同盟の費用と効果
  • 日米の戦略的取り決めを改善する
  • 日本にとっての日米同盟—「二国間同盟ロジック」と「良きグローバル市民ロジック」の相互作用
  • 日米同盟のグローバルなコストとベネフィット—アメリカの見方
  • 朝鮮半島と日米同盟—日本からの視点
  • 朝鮮半島と日米同盟—アメリカからの視点
  • 中国に対するリベラル抑止—日本の対中国政策実現における課題
  • アジアのアーキテクチャにおける安全保障のジレンマ—アメリカ、日本、中国
  • 日米関係におけるロシアの位置
  • 日米同盟とロシア
  • 進化する日豪安全保障パートナーシップ—米国とゆるやかな三カ国同盟形成に向けて
  • アメリカ、日本、オーストラリア—東南アジアとの安全保障連携
  • 日本のNATOへの参加と日米同盟への影響
  • 結章—自衛隊アクティビズム、地域外交におけるあいまいさの終焉、包括的な政治同盟

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ