カントからヘルダーリンへ : ドイツ近代思想の輝きと翳り

書誌事項

カントからヘルダーリンへ : ドイツ近代思想の輝きと翳り

瀬戸一夫著

(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書)

東北大学出版会, 2013.12

タイトル別名

From Kant to Hölderlin : Kant's Copernican revolution and its end in the history of German thought

タイトル読み

カント カラ ヘルダーリン エ : ドイツ キンダイ シソウ ノ カガヤキ ト カゲリ

大学図書館所蔵 件 / 54

注記

文献: p349-366

内容説明・目次

内容説明

本書は、ドイツ近代思想の根本特徴を従来とは異なった角度から追究している。初期ロマン主義者たちの思想的母体となったカントの哲学とフィヒテの哲学が思想革命の各段階として読み解かれ、両哲学の本質をもとに評価するかぎり、意外にもその思想革命は継承されずに終わったという実像が描き出される。

目次

  • 第1章 コペルニクス革命と初期ロマン主義—カント・フィヒテ・ヘルダーリン(哲学のコペルニクス革命;知識学の体系的理論装置 ほか)
  • 第2章 カント七〇年代初期の沈黙と思索(時間と空間の主観性と相対性;避けては通れない難問の克服 ほか)
  • 第3章 第三原則の再検討と作用性の演繹(結果から原因に溯る知の働き;自らを客観視する自我の機能 ほか)
  • 補論(物自体と超越論的対象(X);相互主観性と根源的な自由 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ