トマス・アクィナスの政治思想

書誌事項

トマス・アクィナスの政治思想

柴田平三郎著

岩波書店, 2014.2

タイトル別名

トマスアクィナスの政治思想

タイトル読み

トマス・ アクィナス ノ セイジ シソウ

大学図書館所蔵 件 / 123

注記

人名索引: 巻末p1-4

文献表: 巻末p5-18

内容説明・目次

内容説明

西欧政治思想のもう一つの水脈—政治観念のパラダイムを大きく転換させ、近代への道を開いた、中世最大の“知の巨人”の思想像。

目次

  • 第1部 人と時代(書物に殉じた“鈍牛”—トマス・アクィナスの思想世界;歴史舞台の上のトマス—中世の夏=一三世紀)
  • 第2部 知の枠組み(『神学大全』—思想のゴシック建築;神の善性としてのこの世と人間—トマス政治思想の神学的=形而上学的基礎)
  • 第3部 トマス政治思想の全体像(“社会的および政治的動物”としての人間—人間・社会・国家;混合政体論—最善の国制とは何か;暴君放伐論—共通善としての暴君殺害;正戦論—人間の罪としての戦争と平和;“神の統治”と“人間の統治”—「教会」と「国家」の関係構造)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ