書誌事項

近代の変容

宇野重規編

(岩波講座政治哲学, 3)

岩波書店, 2014.5

タイトル読み

キンダイ ノ ヘンヨウ

大学図書館所蔵 件 / 206

注記

参考文献: 各章末

収録内容

  • ベンサム : 功利主義における倫理と統治 / 小畑俊太郎著
  • ジョン・スチュアート・ミル : 功利主義と代議制 / 小田川大典著
  • コンスタン : 立憲主義の基礎づけを求めて / 堤林剣著
  • トクヴィル : 権威と自由をめぐる考察 / 高山裕二著
  • プルードンとアナーキズム : 「政治的なもの」と「社会的なもの」 / 森政稔著
  • ナショナリズム : 国民国家とは何であったのか / 杉田孝夫著
  • ニーチェ : 「神の死」以降の宗教と国家 / 鏑木政彦著
  • プラグマティズム : 習慣・経験・民主主義 / 宇野重規著
  • 連帯の思想 : 福祉国家の哲学的基礎 / 田中拓道著
  • 社会民主主義 : J・A・ホブスンにおける社会主義と民主主義 / 山本卓著

内容説明・目次

内容説明

「近代」の意味が問い直されるなか、フランス革命の衝撃に始まり、資本主義の発展と国民国家の形成によって特徴づけられてきた一九世紀の理解も揺らいでいる。ベンサム、J・S・ミル、トクヴィルからアナーキズム、プラグマティズム、社会民主主義まで、個人と社会をめぐる多様な構想を位置づけ直し、その現代的射程を探る。

目次

  • 1 自由主義の多様性(ベンサム—功利主義における倫理と統治;ジョン・スチュアート・ミル—功利主義と代議制;コンスタン—立憲主義の基礎づけを求めて;トクヴィル—権威と自由をめぐる考察)
  • 2 社会思想の諸展開(プルードンとアナーキズム—“政治的なもの”と“社会的なもの”;ナショナリズム—国民国家とは何であったのか;ニーチェ—「神の死」以降の宗教と国家)
  • 3 新たなる紐帯の模索(プラグマティズム—習慣・経験・民主主義;連帯の思想—福祉国家の哲学的基礎;社会民主主義—J.A.ホブスンにおける社会主義と民主主義)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ