詩の力 : 「東アジア」近代史の中で

書誌事項

詩の力 : 「東アジア」近代史の中で

徐京植著

(徐京植評論集, 2)

高文研, 2014.5

タイトル別名

詩の力 : 東アジア近代史の中で

タイトル読み

シ ノ チカラ : 「ヒガシアジア」キンダイシ ノ ナカ デ

大学図書館所蔵 件 / 33

内容説明・目次

内容説明

植民地支配・軍事独裁政権・労働運動の中で闘った朝鮮の詩人たち、母を通して知った「ことばの力」と「生きる力」、なぜ「アンネの日記」は世界中で受容され、収容所を生きのびたプリーモ・レーヴィは何に絶望したのか?著者初の詩と文学の評論集。附「詩集八月」。

目次

  • 1 私はなぜ「もの書き」になったのか
  • 付録 詩集八月
  • 2 詩の力(魯迅と中野重治;朝鮮の詩人たち—「東アジア」近代史の中で)
  • 3 「韓国文学」と「世界文学」をめぐる断想—「新しい普遍性」を求めて
  • 4 越境者にとっての母語と読み書き—ある在日朝鮮人一世女性の経験から
  • 5 「証言不可能性」の現在—アウシュヴィッツとフクシマを結ぶ想像力

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15810592
  • ISBN
    • 9784874985465
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ