書誌事項

俳句と川柳

復本一郎 [著]

(講談社学術文庫, [2246])

講談社, 2014.7

タイトル読み

ハイク ト センリュウ

大学図書館所蔵 件 / 157

注記

1999年に講談社現代新書として刊行

叢書番号はブックジャケットによる

主要参考文献: p256-257

内容説明・目次

内容説明

俳句も川柳も、ともに十七音の文芸。季語や切字の有無だけでは区別がつかない。「風景を詠むと俳句、笑いを詠むと川柳」なのか。しかし、笑いを詠む俳句もあれば、風景を詠む川柳もある。連歌の発句・平句、狂句、前句付など、俳句と川柳のルーツを探り、新旧の名句を鑑賞し、また俳人や川柳作家の創作観を紹介、それぞれの本質を探り境界線を問う。

目次

  • 第1章 十七音の文芸
  • 第2章 俳句に必要な「笑い」とは
  • 第3章 川柳のルーツを探る
  • 第4章 発句・川柳句合競演
  • 第5章 子規の俳句革新と川柳観
  • 第6章 久良岐と剣花坊の川柳革新
  • 第7章 川柳作者の見た俳句
  • 第8章 「切れ」とは何か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ