書誌事項

美術と都市 : アカデミー・サロン・コレクション

田中久美子 [ほか] 著

(フランス近世美術叢書, 3)

ありな書房, 2014.7

タイトル別名

Ars et civitas : academia, exedra collocutionis, collectio

美術と都市 : アカデミーサロンコレクション

タイトル読み

ビジュツ ト トシ : アカデミー・サロン コレクション

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

その他の著者: 伊藤已令, 矢野陽子, 安井裕雄, 金沢文緒, 大野芳材

監修解説: 大野芳材

企画構成: 石井朗

内容説明・目次

内容説明

フランソワ一世の愛でたタピスリーの数々に、グルーズの新しい版画戦略に、ジョフラン夫人の月曜サロンとコレクションに、ルブラン夫妻が織りなす画商/画家の蒐集/創作に、フランスに先駆け一般公開したドレスデンの王立美術館に、フランス美術に革新をもたらす王立絵画彫刻アカデミーに、一七世紀から一八世紀にかけてなされたこれら創造の軌跡とこの時代に新しい首都として形成されつつあったパリを中心に展開していくさまざまな美的営為を探り、フランス近世美術の進展と精華を明らかにする!

目次

  • プロローグ 美術と都市
  • 第1章 フランソワ一世とタピストリー
  • 第2章 グルーズの版画事業
  • 第3章 ジョフラン夫人の美術愛好—月曜日のサロンと絵画コレクション
  • 第4章 画商ルブランと画家ヴィジェ・ルブラン—様式研究とコレクション研究の間隙にみるスペイン絵画の影
  • 第5章 一八世紀ドレスデンの王立絵画館—フランスの文化的変奏としてのザクセン
  • エピローグ 王立絵画彫刻アカデミーの功罪

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ