明智光秀の乱 : 天正十年六月政変織田政権の成立と崩壊

書誌事項

明智光秀の乱 : 天正十年六月政変織田政権の成立と崩壊

小林正信著

里文出版, 2014.7

タイトル別名

明智光秀の乱 : 天正十年六月政変 : 織田政権の成立と崩壊

タイトル読み

アケチ ミツヒデ ノ ラン : テンショウ 10ネン 6ガツ セイヘン オダ セイケン ノ セイリツ ト ホウカイ

大学図書館所蔵 件 / 14

注記

参考文献: p383-396

内容説明・目次

内容説明

天正十年六月政変 織田政権の成立と崩壊。いわゆる「本能寺の変」で知られる明智光秀の謎は何を意味するのか。本書ではその実像と政変の動機に迫ることで、日本史研究における中世と近世の間に生まれた空白の真実を解き明かす。

目次

  • 序章 三鬼清一郎の学説と「室町幕府奉公衆」(「明智光秀の乱」から「天正十年六月政変」へ;顧みられなかった第一人者の学説;明智光秀と「室町幕府奉公衆」)
  • 第1章 室町幕府と「織田・明智体制」(天下人織田信長と室町幕府;明智光秀の地位について;「織田・明智体制」の成立;足利義昭の出奔と織田政権)
  • 第2章 明智光秀とは誰なのか(明智光秀の出現と信長;明智光秀になった人物;明智光慶と光秀の妹ツマキについて)
  • 第3章 信長の政権構想と「織田・明智体制」の崩壊(将軍権力襲撃事件(将軍御所・本国寺・本能寺);織田信長の歴史的使命;「織田・徳川同盟」と明智光秀;「山崎の戦い」と室町幕府の滅亡;信長と光秀の十七年間)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ