検閲の帝国 : 文化の統制と再生産

著者

書誌事項

検閲の帝国 : 文化の統制と再生産

紅野謙介 [ほか] 編

新曜社, 2014.8

タイトル別名

Empire of censorship

タイトル読み

ケンエツ ノ テイコク : ブンカ ノ トウセイ ト サイセイサン

大学図書館所蔵 件 / 146

注記

その他の編者: 高榮蘭, 鄭根埴, 韓基亨, 李惠鈴

日韓検閲年表: p423-478

内容説明・目次

内容説明

帝国は検閲の基準も方法も一つではなかった。暴力的かつ曖昧な「検閲」の実態を探るとともに、戦前から戦後にかけて日本・韓国・アメリカと主体の変転する検閲の痕跡をたどる。日韓両国の研究者が「検閲」をキイワードに、文化の生産/再生産をめぐる統制の力学をあぶり出す意欲的試み。巻末に、詳細な日韓検閲年表を付す。

目次

  • 第1部 検閲の拡張、揺れ、転移(植民地検閲と「検閲標準」;文学を検閲する、権力を監視する—中西伊之助と布施辰治の共闘;「法域」と「文域」—帝国内部における表現力の差異と植民地テクスト ほか)
  • 第2部 検閲されるテクストと身体(「風俗壊乱」へのまなざし—日露戦後期の“筆禍”をめぐって;植民地のセクシュアリティと検閲;目に見えない懲罰のように—一九三六年、佐藤俊子と移動する女たち ほか)
  • 第3部 アイデンティティの政治—検閲と宣伝の間(ペンと兵隊—日中戦争期戦記テクストと情報戦;ペテロの夜明け—植民地転向小説と「感想録」の転向語り;移動と翻訳—占領期小説の諸相 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ