スピン化学が拓く分子磁性の新展開 : 設計から機能化まで

書誌事項

スピン化学が拓く分子磁性の新展開 : 設計から機能化まで

日本化学会編

(CSJ Current Review, 16)

化学同人, 2014.8

タイトル別名

New development of molecular magnetism

分子磁性の新展開 : スピン化学が拓く : 設計から機能化まで

タイトル読み

スピン カガク ガ ヒラク ブンシ ジセイ ノ シンテンカイ : セッケイ カラ キノウカ マデ

大学図書館所蔵 件 / 153

注記

文献あり

内容説明・目次

目次

  • 1 基礎概念と研究現場(フロントランナーに聞く(座談会);有機分子磁性の基礎;金属錯体から磁性体へ ほか)
  • 2 研究最前線(有機磁性体の分子設計と磁気量子効果;励起状態高スピン化学とそのスピントロニクスへの展望;スピン分極ドナーが拓く磁場応答型有機導電体 ほか)
  • 3 役に立つ情報・データ(この分野を発展させた革新論文;覚えておきたい関連最重要用語;知っておくと便利!関連情報)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16371920
  • ISBN
    • 9784759813760
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    vi, 201p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ