地方交付税制度の運用と展開 : 戦後史の再構築を目指して

書誌事項

地方交付税制度の運用と展開 : 戦後史の再構築を目指して

大塚勲著

九州大学出版会, 2014.9

タイトル読み

チホウ コウフゼイ セイド ノ ウンヨウ ト テンカイ : センゴシ ノ サイコウチク オ メザシテ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

参考文献: p[311]-316

内容説明・目次

内容説明

戦後最大の護送船団=地方自治制度。地方交付税制度は、国の委任事務と財源保障機能を通して自治体を支配する戦後最大の護送船団システムを作り上げた。膨大な資料とデータ解析により、この緻密な制度の全貌と運用の実態を明らかにする。

目次

  • 第1章 研究の目的と前提となる事項の整理
  • 第2章 基準財政需要額算定の時代区分と裁量的運用
  • 第3章 基準財政需要額算定における裁量からルールへの転換
  • 第4章 ルールに基づく基準財政需要額の拡大
  • 第5章 地方支配の構造と地方交付税制度の役割
  • 終章 戦後史の再構築に向けたプロローグ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16506928
  • ISBN
    • 9784798501376
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    福岡
  • ページ数/冊数
    iii, 320p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ