書誌事項

ユダヤ人とクラシック音楽

本間ひろむ著

(光文社新書, 715)

光文社, 2014.9

タイトル読み

ユダヤジン ト クラシック オンガク

大学図書館所蔵 件 / 69

注記

ユダヤ人音楽家一覧: p183-216

参考文献一覧: p217-219

内容説明・目次

内容説明

ユダヤ人は今日まで、世界中の政治・経済・文化といった各フィールドで異彩を放ってきた。そして、こと音楽に関しては、ユダヤ人を抜きにしては語れないほどの存在感を示している。特に20世紀に入ると、ハイフェッツやホロヴィッツのような花形演奏家が登場し、シェーンベルクやスティーヴ・ライヒといった作曲家たちが現代音楽を牽引するようになった。ユダヤ人音楽家は何によって覚醒し、ブレイクスルーするに至ったのか。本書では4つのキーワードを軸に、彼らがどのように西洋音楽のシーンに関わってきたのかを検証し、異彩を放ち続ける秘密に迫る。

目次

  • 第1章 ユダヤ人の成り立ちと民族音楽
  • 第2章 オペラとユダヤ人
  • 第3章 ワーグナーとヒトラー
  • 第4章 フルトヴェングラーの秘書、カラヤンの妻
  • 第5章 新世界アメリカ、音楽界のパイオニアたち
  • 第6章 旧ソ連のヴィルトゥオーゾたち
  • 第7章 日本の楽壇を作ったユダヤ人たち
  • 第8章 ユダヤ人と現代音楽

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ