書誌事項

ハイデガー : 存在の歴史

高田珠樹 [著]

(講談社学術文庫, [2261])

講談社, 2014.10

タイトル読み

ハイデガー : ソンザイ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

ハイデガー略年譜: p303-312

主要著作ダイジェスト: p313-321

読書案内: p330-345

原本は、1996年9月、講談社より「現代思想の冒険者たち」第8巻として刊行

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

存在が荒々しく立ち現れると同時に隠蔽され忘却されていった古代ギリシャ以来、存在把握は劇的に変動し、現在、忘却の彼方に明滅するものとしてのみ存在は現前する—。存在論の歴史を解体・破壊し、根源的な存在経験を取り戻すべく構想された『存在と時間』の成立過程を追い、「在る」ことを根源的に捉えようとしたハイデガーの思想の精髄にせまる。

目次

  • 序章 ギリシャの旅
  • 第1章 カトリックの庇護の中で
  • 第2章 葛藤と模索
  • 第3章 雌伏の時代
  • 第4章 『存在と時間』
  • 第5章 ナチズムへの加担と後年の思索

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ