書誌事項

バリデーション・ブレイクスルー : 認知症ケアの画期的メソッド

ナオミ・ファイル, ビッキー・デクラーク・ルビン著 ; 飛松美紀訳

全国コミュニティライフサポートセンター, 2014.7

タイトル別名

バリデーションブレイクスルー : 認知症ケアの画期的メソッド

The validation breakthrough : simple techniques for communicating with people with Alzheimer's and other dementias

タイトル読み

バリデーション・ブレイクスルー : ニンチショウ ケア ノ カッキテキ メソッド

大学図書館所蔵 件 / 59

注記

監訳: 高橋誠一, 篠崎人理

原タイトルThe validation breakthrough 原著第3版の翻訳

参考文献: p329-330

内容説明・目次

内容説明

認知症があるお年寄りとの超コミュニケーション法。10カ国以上の言語に翻訳され、世界中から圧倒的支持。家族や専門職も納得の関わり方を伝授します。大切な人が認知症になっても、心を通わせることができれば、介護する人も喜びを感じ、ストレスが軽減されます。

目次

  • 第1部 アルツハイマー型認知症とバリデーション(加齢、発達段階、アルツハイマー型認知症;バリデーションの概念とテクニック;「認知の混乱」(第1段階)にいる人に対するバリデーション;「日時・季節の混乱」(第2段階)にいる人へのバリデーション;「繰り返し動作」(第3段階)にいる人へのバリデーション;「植物状態」(第4段階)にいる人へのバリデーション;早発性アルツハイマー型認知症の人へのバリデーション;バリデーションの恩恵を受けるのは誰?;バリデーションと他の療法の違い)
  • 第2部 バリデーションの実践事例(「認知の混乱」にいる人とのコミュニケーション;「日時・季節の混乱」にいる人とのコミュニケーション;「繰り返し動作」にいる人とのコミュニケーション;地域に暮らす「認知の混乱」と「日時・季節の混乱」にいる人とのコミュニケーション;家族をバリデートする)
  • 第3部 グループバリデーション(バリデーション・グループを作る)
  • 付録

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ