書誌事項

日本中世の地域社会と仏教

湯之上隆著

(静岡大学人文社会科学部叢書, No.46)

思文閣出版, 2014.10

タイトル読み

ニホン チュウセイ ノ チイキ シャカイ ト ブッキョウ

大学図書館所蔵 件 / 91

内容説明・目次

目次

  • 第1篇 地域社会と経典(平安時代の写経と法会—五部大乗経をめぐって;鎌倉期駿河府中の宗教世界—駿河国有度郡八幡神社旧蔵五部大乗経をめぐって;遠江国洞泉寺所蔵五部大乗経の成立と伝来;美濃国薬王寺所蔵大般若経の開板と伝来)
  • 第2篇 地域社会と寺社(覚海円成と伊豆国円成寺—鎌倉禅と女性をめぐって;中世仏教と地方社会—六十六部聖を手がかりとして;遠江国山名郡木原権現由来記の歴史的環境;中世後期の秋葉山と徳川家康)
  • 第3篇 地域社会の記憶(遠江久野氏の成立とその歴史的環境;旅日記・紀行文と地方社会;名物瀬戸の染飯をめぐる文化史;近世後期神社祭祀をめぐる論争と偽文書—遠江国榛原郡吉永村の場合)
  • 余篇(小杉榲邨の幕末・維新—近代化のなかの国学)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ