書誌事項

必要の理論

L. ドイヨル, I. ゴフ著 ; 遠藤環, 神島裕子訳

勁草書房, 2014.10

タイトル別名

A theory of human need

タイトル読み

ヒツヨウ ノ リロン

大学図書館所蔵 件 / 143

注記

原著 (Macmillan, 1991) の部分訳。原著4部構成のうち前半2部のみを訳出。

監訳: 馬嶋裕, 山森亮

参考文献: p197-212

内容説明・目次

内容説明

経済学における「必要」の不在批判と必要概念の哲学的深化。「必要」は福祉国家を正当化する鍵概念か、抑圧装置か。今日まで続く議論の契機をつくったカノン、待望の邦訳。

目次

  • 第1部 相対主義と人間の必要という問題(誰が人間の必要を必要としているのか?;人間の必要の不可避性;「必要」の文法)
  • 第2部 人間の必要の理論(身体的健康と自律:諸個人の基本的必要;基本的必要充足の社会的前提条件;人間解放と必要充足への権利;理論における必要充足最適化)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17072798
  • ISBN
    • 9784326602704
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 222p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ