書誌事項

世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語

西森マリー著

(Power English)

講談社, 2014.10

タイトル別名

Famous Shakespeare quotes loved by elites and celebs

シェイクスピアの英語 : 世界のエリートがみんな使っている

タイトル読み

セカイ ノ エリート ガ ミンナ ツカッテイル シェイクスピア ノ エイゴ

大学図書館所蔵 件 / 102

注記

奥付の編集: 講談社エディトリアル

内容説明・目次

内容説明

世界中で愛され、諺や決まり文句にもなり、ビジネスでも頻繁に引用される名台詞の数々。ネイティブとの会話をもっと楽しみ、映画や新聞の理解を深めるためにシェイクスピアは必読書です。本書では絶対におさえておきたいフレーズを約100取り上げ、その意味を解説。時代を越えて人々にインスピレーションを与え続ける言葉と文化に迫ります。

目次

  • 第1章 こんな表現も元はシェイクスピア(All that glitters is not gold.(輝くものすべてが金ならず。);love is blind(恋は盲目) ほか)
  • 第2章 誰もが知っている台詞と人名の使い方(What’s in a name?That which we call a rose by any other name would smell as sweet.(名前に何があるというの?バラと呼んでいるものは、他の名で呼ばれようと同じように香ばしいでしょう。);Romeo(ロミオ) ほか)
  • 第3章 会話のスパイスに使える気の利いた一言(Some Cupid kills with arrows,some with traps.(キューピッドが矢で仕留める人もいれば、罠で仕留める人もいる。);Love looks not with the eyes,but with the mind.(恋は目ではなく心でものを見る。) ほか)
  • 第4章 これが言えればネイティブ並み!(one that loved not wisely,but too well(賢明ではないがあまりにも深く愛した者);Some are born great,some achieve greatness,and some have greatness thrust upon ’em.(生まれながらに高貴である人もいれば、高貴な身分を勝ち得る人もいるし、高貴な身分を投げ与えられる人もいる。) ほか)
  • 第5章 これぞ極めつけシェイクスピア(Romeo and Juliet,Prologue(ロミオとジュリエットのプロローグ);Two〜,both alike in…(…を競う2つの〜がある) ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ