邪馬台国は99.9%福岡県にあった : ベイズの新統計学による確率計算の衝撃

書誌事項

邪馬台国は99.9%福岡県にあった : ベイズの新統計学による確率計算の衝撃

安本美典著

(推理・邪馬台国と日本神話の謎)

勉誠出版, 2015.1

タイトル読み

ヤマタイコク ワ 99.9% フクオカケン ニ アッタ : ベイズ ノ シントウケイガク ニ ヨル カクリツ ケイサン ノ ショウゲキ

大学図書館所蔵 件 / 26

内容説明・目次

内容説明

おもに、鏡、鉄の鏃、勾玉、絹の4つのデータを用い、ベイズ統計学により確率を計算。『文藝春秋』に紹介された革命的新説の全容。千年の論争に終止符をうつ!

目次

  • 序章 『文藝春秋』での紹介—邪馬台国が、福岡県や奈良県にあった確率を計算する
  • 第1章 ベイズ統計学により、邪馬台国が九州にあった確率、近畿にあった確率を計算する—邪馬台国が、福岡県にあった確率は、九九・九パーセント以上
  • 第2章 纒向=虚構の邪馬台国—マスコミ宣伝があって、証明がない
  • 第3章 古墳などの年代遡上論は成立しない—元日本考古学協会会長・大塚初重氏の見解例を検討する
  • 第4章 箸墓古墳が、卑弥呼の墓ではありえない八つの理由—この古墳は、四世紀築造の古墳だ
  • 第5章 考古学リーダー諸氏への苦言—考古学が、ガラパゴス化しつつある
  • 第6章 新・邪馬台国東遷説—奈良県は、近畿地方のなかでも、後進地であった

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17949298
  • ISBN
    • 9784585225553
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    9, 349p, 図版 [3] 枚
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ