戦後リベラルの終焉 : なぜ左翼は社会を変えられなかったのか

書誌事項

戦後リベラルの終焉 : なぜ左翼は社会を変えられなかったのか

池田信夫著

(PHP新書, 982)

PHP研究所, 2015.5

タイトル別名

戦後リベラルの終焉 : なぜ左翼は社会を変えられなかったのか

タイトル読み

センゴ リベラル ノ シュウエン : ナゼ サヨク ワ シャカイ オ カエラレナカッタノカ

大学図書館所蔵 件 / 53

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

60年安保、全共闘、反原発派から朝日新聞の大誤報まで。ポピュリズムに彩られた知的エリートたちの敗北。

目次

  • プロローグ 私が左翼だったころ
  • 第1章 朝日新聞の挫折
  • 第2章 「平和主義」のユートピア
  • 第3章 メディアが日本を戦争に巻き込んだ
  • 第4章 メディアがつくった原発の恐怖
  • 第5章 労働者の地獄への道は善意で舗装されている
  • 第6章 進歩的文化人の劣化
  • 第7章 「オール野党」になった政治
  • 第8章 戦後リベラルの栄光と挫折
  • 第9章 左翼はなぜ敗北したのか
  • エピローグ 「普通の国」への長い道

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ