比較ミツバチ学 : ニホンミツバチとセイヨウミツバチ

書誌事項

比較ミツバチ学 : ニホンミツバチとセイヨウミツバチ

菅原道夫著

東海大学出版部, 2015.4

タイトル別名

Comparative studies on Apis mellifera and Apis cerana

タイトル読み

ヒカク ミツバチガク : ニホンミツバチ ト セイヨウミツバチ

大学図書館所蔵 件 / 63

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

参考文献: p148-150

内容説明・目次

内容説明

セイヨウミツバチとニホンミツバチの違いが明らかにされた。キンリョウヘンへの集結、スズメバチへの対応、ハチの体温などの解明。

目次

  • 第1章 ミツバチの誕生、分化、分布(ミツバチの誕生;分類学上の位置 ほか)
  • 第2章 ニホンミツバチとセイヨウミツバチの比較(市街地の野生のミツバチ;巣を作る場所の選り好み—セイヨウミツバチとニホンミツバチの差 ほか)
  • 第3章 ニホンミツバチに見られる特異な現象‐1—キンリョウヘンとの奇妙な関係(キンリョウヘンの花がニホンミツバチを誘う現象;これまでの研究と知見 ほか)
  • 第4章 ニホンミツバチに見られる特異な現象‐2—蜂球によるスズメバチの防衛行動(スズメバチに対して作る蜂球の秘密;蜂球形成のきっかけ ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB1849067X
  • ISBN
    • 9784486020431
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    秦野
  • ページ数/冊数
    vii, 155p(図版共)
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ