史料が語る三井のあゆみ : 越後屋から三井財閥

書誌事項

史料が語る三井のあゆみ : 越後屋から三井財閥

三井文庫編

三井文庫 , 吉川弘文館 (発売), 2015.4

タイトル別名

三井のあゆみ : 史料が語る : 越後屋から三井財閥

タイトル読み

シリョウ ガ カタル ミツイ ノ アユミ : エチゴヤ カラ ミツイ ザイバツ

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

三井文庫略年表: p124

年表三井のあゆみ: p126-133

内容説明・目次

内容説明

50のテーマと貴重な古文書や多くの図版でたどる、三井があゆんだ350年の歴史。

目次

  • 第1部 三井のあゆみ(「元祖」三井高利;松坂の高利;江戸進出;「現金掛け値なし」;幕府御用の引き受け;高利の子供たち;事業の統合と「大元方」;危機と記録の時代 ほか)
  • 第2部 三井の修史と史料(三井の修史・史料保存と三井文庫;三井文庫の保存史料)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18550068
  • ISBN
    • 9784642082778
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    iv, 133p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ