理論・方法・分析から調性音楽を読む本

書誌事項

理論・方法・分析から調性音楽を読む本

アンリ・ゴナール著 ; 藤田茂訳

音楽之友社, 2015.8

タイトル別名

Introduction à la musique tonale : perspectives théoriques, méthodologiques, et analytiques

調性音楽を読む本 : 理論・方法・分析から

理論方法分析から調性音楽を読む本

タイトル読み

リロン・ホウホウ・ブンセキ カラ チョウセイ オンガク オ ヨム ホン

大学図書館所蔵 件 / 67

注記

原著 (Paris : Honoré Champion, 2011) の全訳

参考文献: p [125] -140

内容説明・目次

内容説明

フランスの学問的伝統に立ち「調性音楽とは何か」を思索する書。

目次

  • 序論 調性とその様々なモデル構造主義言語学からシステム理論まで
  • 第1章 音程と協和
  • 第2章 ラモーの理論とその先駆
  • 第3章 短調論
  • 第4章 数字付け(あるいは、数字による表記法)と調性の諸機能
  • 第5章 古典期の調性に潜むもの—ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番プレスティッシモ楽章におけるソナタ形式と四小節枠
  • 第6章 協和と不協和、弛緩と緊張、安定性と不安定性—シューマンの“詩人は語る”を例に
  • 第7章 シェンカーの理論とシェーンベルクの理論
  • 第8章 その先の調性、あるいは、調性の先

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19271478
  • ISBN
    • 9784276101623
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    149p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ