書誌事項

ジョルジュ・バタイユの反建築 : コンコルド広場占拠

ドゥニ・オリエ著 ; 岩野卓司 [ほか] 訳

水声社, 2015.9

タイトル別名

ジョルジュバタイユの反建築 : コンコルド広場占拠

La prise de la Concorde : suivi de Les dimanches de la vie : essais sur Georges Bataille

タイトル読み

ジョルジュ バタイユ ノ ハンケンチク : コンコルド ヒロバ センキョ

大学図書館所蔵 件 / 59

注記

La prise de la Concorde : suivi de Les dimanches de la vie : essais sur Georges Bataille (Gallimard , c1993) の翻訳 (訳者あとがきによる)

その他の訳者: 神田浩一, 福島勲, 丸山真幸, 長井文, 石川学, 大西雅一郎

註: p319-357

内容説明・目次

内容説明

バタイユの第一作「ランスのノートル=ダム大聖堂」。建築をめぐるこのテクストを永遠に抹殺し続ける事、それこそがバタイユにとっての「書く」という事だった…。ベルナール・チュミなど「脱構築主義」の建築家たちにも絶大な影響を与えた、反建築論。バタイユ研究の必携書。

目次

  • ヘーゲル的構築物(単純な始まり;ヘーゲル的構築物;バベルの塔;象徴)
  • 建築の隠喩(ランスのノートル=ダム大聖堂;バタイユについて;建築の隠喩;神学大全;「建築」という項目)
  • 迷宮、ピラミッドそして迷宮(迷宮とピラミッド)
  • 帝王切開(未完了;肉屋;「松果体の眼」;帝王切開)
  • 「人生の日曜日」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19697582
  • ISBN
    • 9784801001268
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    378p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ