書誌事項

「エクリ」を読む : 文字に添って

ブルース・フィンク著 ; 上尾真道, 小倉拓也, 渋谷亮訳

人文書院, 2015.9

タイトル別名

Lacan to the letter : reading Écrits closely

エクリを読む : 文字に添って

タイトル読み

「エクリ」オ ヨム : モジ ニ ソッテ

大学図書館所蔵 件 / 98

注記

原著 (University of Minnesota Press, 2004) の邦訳

『セミネール』文献目録: p258-260

内容説明・目次

内容説明

ラカン『エクリ』(1966年)の初めての完全版英訳者ブルース・フィンクによる、忠実な読解。シニフィアン連鎖を扱った「無意識における文字の審級」、欲望論「主体の転覆」など、ラカンの代表的論文、概念が明晰な読解で甦る。

目次

  • 第1章 「治療の指針」におけるラカンの精神分析技法
  • 第2章 ラカンによる自我心理学三人衆の批判:ハルトマン、クリス、レーヴェンシュタイン
  • 第3章 「無意識における文字の審級」を読む
  • 第4章 「主体の転覆」を読む
  • 第5章 ラカン的ファルスとルートマイナス1
  • 第6章 テクストの外で—知と享楽:セミネール第20巻の注釈

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ