パーソナルデータの経済分析

書誌事項

パーソナルデータの経済分析

高口鉄平著

(KDDI総研叢書, 2)

勁草書房, 2015.10

タイトル読み

パーソナル データ ノ ケイザイ ブンセキ

大学図書館所蔵 件 / 112

注記

参考文献: p159-163

内容説明・目次

内容説明

情報通信技術の進展により、住所やカード番号、あるいは検索や購入の履歴といった情報の提供・利用機会は増大した。本書は、企業も消費者自身も知らない、個人情報の経済価値を実証的に明らかにする。

目次

  • 第1章 序:経済分析の必要性
  • 第1章補論 経済財としてのデータ
  • 第2章 情報通信産業の構造と競争状況
  • 第2章補論 携帯電話の構成要素を例としたレイヤー間関係
  • 第3章 プライバシー懸念の要因—利用者の分析1
  • 第4章 スイッチングコストからみた経済価値—利用者の分析2
  • 第5章 ビッグデータ市場の成立可能性—事業者の分析1
  • 第6章 電力サービスにおける活用可能性—事業者の分析2
  • 第7章 これからのパーソナルデータ活用に向けて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ