地方紙は地域をつくる : 住民のためのジャーナリズム

書誌事項

地方紙は地域をつくる : 住民のためのジャーナリズム

梅本清一著

七つ森書館, 2015.12

タイトル読み

チホウシ ワ チイキ オ ツクル : ジュウミン ノ タメ ノ ジャーナリズム

大学図書館所蔵 件 / 73

注記

参考文献・資料: p258-261

内容説明・目次

内容説明

地方に軸足を置いて、地方や地域の問題に取り組み、そして地方から日本の問題ととらえ、発信するのが地方紙の使命である。全国紙に比べ、規模はちっぽけだが、地域では影響力があり、存在感がある。一国一城のようだ。その一国は今、人口急減時代に突入し、新聞部数減に苦しむ。時あたかも、忘れかけた日本の民主主義と根っこの地域の民主主義、地方紙の真価が問われているようであり、新聞とりわけ、小さくとも個性のある地方紙の出番だと、予感する。

目次

  • 第1章 磨きたい地方紙の発信力—ある美術展廃止報道をめぐって(突然の美術展廃止通告;貫きたい県民目線;地域文化にこだわる;新聞のいのち)
  • 第2章 現場主義が世論をひらく—キャンペーン報道「沈黙の森」で学んだこと(クマ騒動—キャンペーンは読者と共に;現場取材に徹する;地域から地球が見える)
  • 第3章 地方紙は地域の民主主義の砦(「地方自治」「地方政治」を報道する;地域の胎動を見逃さない;住民自治と地方紙の役割;地域に生きる)
  • 第4章 密着すれど癒着せず(記者として、ジャーナリストとして;密着と癒着は紙一重;編集現場と経営;読者目線の新聞であるために)
  • 第5章 販売現場を歩いて(苦戦する販売現場;ネットに負けない新聞づくり)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20366287
  • ISBN
    • 9784822815486
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    261p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ