アレクサンドロスの征服と神話

書誌事項

アレクサンドロスの征服と神話

森谷公俊 [著]

(講談社学術文庫, [2350] . 興亡の世界史||コウボウ ノ セカイシ)

講談社, 2016.2

タイトル読み

アレクサンドロス ノ セイフク ト シンワ

大学図書館所蔵 件 / 172

注記

原本は「興亡の世界史」の01巻として2007年1月講談社より刊行

参考文献: p359-364

年表: p365-372

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

紀元前三三四年、ギリシアから東方遠征に出発、先進国ペルシアを征服し、わずか一〇年でインダス川に到達した大王。疲れた将兵が行軍を拒み、バビロン帰還後に熱病で死去するまでの三三年の生涯でいかに大帝国を築いたのか。死後、帝国が四分五裂したのはなぜか。カエサルも憧れ、神格化された後世への影響を探究し、新たなヘレニズム史を構築する。

目次

  • 第1章 大王像の変遷
  • 第2章 マケドニア王国と東地中海世界
  • 第3章 アレクサンドロスの登場
  • 第4章 大王とギリシア人
  • 第5章 オリエント世界の伝統の中で
  • 第6章 遠征軍の人と組織
  • 第7章 大帝国の行方
  • 第8章 アレクサンドロスの人間像
  • 第9章 後継将軍たちの挑戦
  • 終章 アレクサンドロス帝国の遺産

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ