書誌事項

江戸の糞尿学

永井義男著

作品社, 2016.2

タイトル読み

エド ノ フンニョウガク

大学図書館所蔵 件 / 98

注記

引用・参考文献一覧: p281-285

収録内容

  • 小説・天保糞尿伝

内容説明・目次

内容説明

日本人にとって、“糞尿”は、産業であり、文化だった。世界で最も整っていた江戸の“糞尿システム”。裏長屋から、吉原、大奥までのトイレ事情、愛欲の場所だった便所、覗き、糞尿趣味…初の“大江戸スカトロジー”。秘蔵図版・多数収載!

目次

  • 序章 肥桶を担いだ男たち—彼らが百万人都市・江戸の生活と食料を支えた
  • 第1章 汲み取りが都市を救った—江戸時代以前の糞尿事情
  • 第2章 江戸の便所と汲み取り事情
  • 第3章 江戸での都市生活と便所
  • 第4章 下肥の循環システム経済—「黄金の宝」だった糞尿
  • 第5章 明治以降の汲み取り事情
  • 付録 小説・天保糞尿伝

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ