万葉集の恋と語りの文芸史

書誌事項

万葉集の恋と語りの文芸史

大谷歩著

笠間書院, 2016.2

タイトル別名

Love history

タイトル読み

マンヨウシュウ ノ コイ ト カタリ ノ ブンゲイシ

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

初出論文一覧: p260-261

著者の博士論文を基に執筆されたもの

内容説明・目次

内容説明

日本人の恋の起源を解き明かす。“古物語り”から“今物語り”へのラブヒストリー。東アジア文学圏では特殊な、「恋」という概念を文芸上に成立させた日本。その源流を求め、万葉以前より語り継がれた伝説“古物語り”から、近時の現実性をもった“今物語り”へと至る物語り形成の系譜を辿る。明かされる男女の恋の歴史。

目次

  • 愛のはじまりの物語り—序論
  • 第1章 磐姫皇后と但馬皇女の恋歌の形成—“類型”と“引用”の流通性をめぐって
  • 第2章 桜児・縵児をめぐる“由縁”の物語り
  • 第3章 真間手児名伝説歌の形成—歌の詠法を通して
  • 第4章 嫉妬と怨情—古代日中文学の愛情詩と主題の形成
  • 第5章 怨恨歌の形成—“棄婦”という主題をめぐって
  • 第6章 「係念」の恋—安貴王の歌と“今物語り”
  • 第7章 「係恋」をめぐる恋物語りの形成—「夫の君に恋ひたる歌」をめぐって
  • 第8章 愚なる娘子—「児部女王の嗤へる歌」をめぐって

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20927271
  • ISBN
    • 9784305707963
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xv, 265, 6p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ