政治哲学的考察 : リベラルとソーシャルの間

書誌事項

政治哲学的考察 : リベラルとソーシャルの間

宇野重規著

岩波書店, 2016.5

タイトル読み

セイジ テツガクテキ コウサツ : リベラル ト ソーシャル ノ アイダ

大学図書館所蔵 件 / 129

注記

参考文献: 巻末p5-16

内容説明・目次

内容説明

政治哲学が“現代”に切り込む。トクヴィルや現代フランス政治哲学の視座から、個人と社会、自由と平等、労働と格差、デモクラシー、市民権などについて考察する待望の論文集。

目次

  • 第1部 トクヴィルと現代政治哲学(リベラリズムと共和主義の再統合—トクヴィルの遺産;トクヴィル復興の意味;トクヴィルと政治哲学の再生—大西洋両岸におけるトクヴィル;トクヴィルとネオ・トクヴィリアン—フランス・リベラリズムの過去と現在;代表制の政治思想史—三つの危機を中心に)
  • 第2部 フランス政治哲学の可能性(メルロ=ポンティ/ルフォール—身体論から政治哲学へ;平等と自由の相克/相乗;保守主義と人権;政治哲学問題としての欧州統合;シティズンシップと境界線)
  • 第3部 政治哲学から社会へ(労働と格差の政治哲学;中間集団と社会的なものの再編;社会的紐帯の政治哲学—トクヴィルを中心に;政治が社会的靱帯を語るとき)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21289443
  • ISBN
    • 9784000611282
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxi, 364, 16p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ