日本的ナルシシズムの罪

書誌事項

日本的ナルシシズムの罪

堀有伸著

(新潮新書, 671)

新潮社, 2016.6

タイトル読み

ニホンテキ ナルシシズム ノ ツミ

大学図書館所蔵 件 / 60

注記

主要参考文献一覧: p189-191

内容説明・目次

内容説明

個人より集団、論理より情緒、現実より想像—日本人には今も昔も固有のナルシシズムが息づいている。自分のことより他人の評価、集団との一体感こそが大切で、しばしばそれは法や論理を跳び越えてしまうのだ。うつ病の急増、ブラック企業や原発事故など、昨今の社会問題すべてに通底する、いわば民族的宿痾としての「日本的ナルシシズム」の構造を明らかにする。

目次

  • 第1章 「頼られたい」という病
  • 第2章 ナルシシズムの病はどこから来るか
  • 第3章 集団とのかかわり方とナルシシズム
  • 第4章 日本人の伝統的心性からの考察
  • 第5章 「うつ」と日本的「うつ」のあいだ
  • 第6章 現代的ナルシシズムのかたち
  • 第7章 原発をめぐる曖昧なナルシシズム
  • 第8章 成熟したナルシシズムに向けて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21428925
  • ISBN
    • 9784106106712
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    191p
  • 大きさ
    18cm
  • 親書誌ID
ページトップへ