構造主義のかなたへ : 『源氏物語』追跡

書誌事項

構造主義のかなたへ : 『源氏物語』追跡

藤井貞和著

笠間書院, 2016.7

タイトル別名

構造主義のかなたへ : 源氏物語追跡

タイトル読み

コウゾウ シュギ ノ カナタ エ : ゲンジ モノガタリ ツイセキ

大学図書館所蔵 件 / 78

内容説明・目次

内容説明

“構造主義とは何か”、時代や歴史のなかで物語が産まれ、読まれる理由を問い下ろし、“構造主義”以後の世代に手わたしたいと思う—

目次

  • 構造への序走
  • 比香流比古(小説)
  • 源氏物語というテクスト—「夕顔」巻のうた
  • 赤い糸のうた(小説)
  • 性と暴力—「若菜」下巻
  • 橋姫子(小説)
  • 千年紀の物語成立—北山から、善見太子、常不軽菩薩
  • 源氏物語と精神分析
  • 物語史における王統
  • 世界から見る源氏物語、物語から見る詩
  • 源氏物語の分析批評—「語る主体」への流れ
  • 物語論そして物語の再生—『宇津保物語』
  • 『源氏物語の論』『平安文学の論』書評
  • 国文学のさらなる混沌へ
  • 構造主義のかなたへ(講義録)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ