「時間の使い方」を科学する : 思考は10時から14時、記憶は16時から20時

書誌事項

「時間の使い方」を科学する : 思考は10時から14時、記憶は16時から20時

一川誠著

(PHP新書, 1054)

PHP研究所, 2016.7

タイトル別名

時間の使い方を科学する : 思考は10時から14時記憶は16時から20時

タイトル読み

「 ジカン ノ ツカイカタ 」 オ カガク スル : シコウ ワ 10ジ カラ 14ジ 、 キオク ワ 16ジ カラ 20ジ

大学図書館所蔵 件 / 78

注記

主な参考文献: p214-221

内容説明・目次

内容説明

短期記憶や計算能力、注意を必要とするような課題は、体温が高い時間帯、16時から20時がもっとも効率がいい。一方、論理的な判断は10時から14時の時間帯が適している。これは「身体時計」が生み出す24時間周期のリズムの影響によるものである。このような身体時計のはたらきや、基礎心理学が明らかにする「感じられる時間」の特性を生かして、自らの能力を引き出し、日々の生活の満足度を高める方法を語る。さらに、映画や音楽の最終的な印象を決定づける「ピーク・エンドの法則」など、時間に関する興味深い心理現象も紹介する。

目次

  • 第1章 「感じられる時間」の長さ
  • 第2章 サーカディアンリズムと現代人
  • 第3章 時計の時間、社会の時間
  • 第4章 なぜ人は大事な作業の前に掃除をするのか
  • 第5章 時間を作り出す技術
  • 第6章 予定通り進まない場合の対処法
  • 第7章 作業効率を高める時間管理術
  • 第8章 「感じられる時間」を操作する
  • 第9章 充実した時間の作り方
  • 第10章 有限な時間と有限な人間

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21686057
  • ISBN
    • 9784569831251
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    221p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ