書誌事項

沖縄自立と東アジア共同体

進藤榮一, 木村朗共編 ; 鳩山友紀夫 [ほか] 著

花伝社 , 共栄書房 (発売), 2016.6

タイトル読み

オキナワ ジリツ ト ヒガシアジア キョウドウタイ

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

その他の著者: 高野孟, 大田昌秀, 前泊博盛 ほか

内容説明・目次

内容説明

鳩山政権を機に高まった、沖縄の自主・独立を求める動き—。「自発的従属」を本質とする現在の日米関係の根本的見直しにもつながる、東アジア共同体構想。その中心地となる「沖縄」を主軸に、様々な視点から21世紀の東アジアにおける国際秩序のあり方を問う。

目次

  • 第1部 論考(進藤榮一 「アジア力の世紀」の中で考える;鳩山友紀夫 沖縄を軍事の要石から平和の要石へ;高野孟 安倍政権が弄ぶ「中国脅威論」の虚妄;大田昌秀 「東アジア共同体」形成の前提;前泊博盛 東アジア経済と沖縄 ほか)
  • 第2部 コラム(稲嶺進 未来に遺すべきもの—沖縄の誇りと真の民主主義をかけて;伊波洋一 東アジアと再び結び始めた沖縄・琉球;糸数慶子 沖縄の自己決定権回復への道—アジア近隣諸国との友好関係を求めて;川内博史 米軍基地問題の真実;仲地博 沖縄構想の来し方と現在 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ