書誌事項

ことばの起源 : 猿の毛づくろい、人のゴシップ

ロビン・ダンバー著 ; 松浦俊輔, 服部清美訳

青土社, 2016.8

  • : 新装版

タイトル別名

Grooming, gossip and the evolution of language

ことばの起源 : 猿の毛づくろい人のゴシップ

タイトル読み

コトバ ノ キゲン : サル ノ ケズクロイ、 ヒト ノ ゴシップ

大学図書館所蔵 件 / 56

注記

原著 (Faber & Faber, 1996) の翻訳

本書は1998年刊の新装版

参考文献: 巻末pxiv-xxviii

内容説明・目次

内容説明

ヒトはうわさをするために生まれた。猿の集団が大きくなって「毛づくろい」ができなくなったとき、それに代わるコミュニケーション手段として生まれたのが人間の「ゴシップ=言語」だった—生物学、脳生理学、人類学、心理学などの最新成果を踏まえ五〇〇万年を鳥瞰し、ことばの進化の歴史を根底から覆す。「ダンバー数」の定式化で注目を集める著者がことばとは何か、集団とは何かを解き明かす。

目次

  • 1 むだ話をする人々
  • 2 めまぐるしい社会生活へ
  • 3 誠実になることの重要性
  • 4 脳、群れ、進化
  • 5 機械の中の幽霊
  • 6 はるか彼方へ時をさかのぼる
  • 7 最初の言葉
  • 8 バベルの遺物
  • 9 生活のちょっとした儀式
  • 10 進化の傷跡

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2171838X
  • ISBN
    • 9784791769407
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    295, xxviiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ