書誌事項

遺跡と技術

舘野和己, 出田和久編

(日本古代の交通・交流・情報 / 舘野和己, 出田和久編, 3)

吉川弘文館, 2016.8

タイトル読み

イセキ ト ギジュツ

大学図書館所蔵 件 / 146

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

近年、全国各地で古代の道路・駅家・関・橋・津・烽火などの交通施設に関する遺構が見つかっている。考古学や歴史地理学の調査・研究成果の蓄積から、かつての古代交通のイメージが一新され景観の復原も試みられている。道路や駅家・橋などの交通施設と運搬・航海など交通に関わる技術を取り上げ、古代交通の様相を具体的に描き、その景観を考える。

目次

  • 1 古代道路の姿(古墳時代の道路;宮都周辺の計画道路;都城道路;地方の官道—駅路・伝路;条里地割と道路)
  • 2 交通施設(駅家;渡河施設;交通に関わる祭祀)
  • 3 交通に関わる技術(運ぶ手段;船を操る技術;古代の地図;古代の道路と地名)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ