なぜ日本の大学には工学部が多いのか : 理系大学の近現代史

書誌事項

なぜ日本の大学には工学部が多いのか : 理系大学の近現代史

功刀滋著 ; 講談社サイエンティフィク編

講談社, 2016.7

タイトル別名

なぜ日本の大学には工学部が多いのか : 理系大学の近現代史

タイトル読み

ナゼ ニホン ノ ダイガク ニワ コウガクブ ガ オオイ ノカ : リケイ ダイガク ノ キンゲンダイシ

大学図書館所蔵 件 / 118

注記

主な参考資料: p295-297

内容説明・目次

内容説明

大学のこれまでを振り返り、これから歩むべき道を考える。理工系はもちろん、医歯薬系や農学系の方にもお薦め。

目次

  • 1 大学の現状
  • 2 高等教育と工学教育
  • 3 学校制度を創る—旧制の時代
  • 4 新しい学校制度のはじまり—学制改革後の大学の変化
  • 5 社会の変容と新大学—三八答申と四六答申
  • 6 21世紀の大学像と変革
  • 7 大学院と研究
  • 8 理系学部のルーツを遡る
  • 9 大学の変化とこれから

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21760069
  • ISBN
    • 9784061567054
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 297p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ