鶴屋南北 : かぶきが生んだ無教養の表現主義

書誌事項

鶴屋南北 : かぶきが生んだ無教養の表現主義

郡司正勝 [著]

(講談社学術文庫, [2378])

講談社, 2016.8

タイトル読み

ツルヤ ナンボク : カブキ ガ ウンダ ムキョウヨウ ノ ヒョウゲン シュギ

大学図書館所蔵 件 / 151

注記

原本: 1994年中公新書刊

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

遊里とかぶきの全盛を経て、文化の衰退と爛熟が肌で感じられた江戸化政期。それは地震・噴火・洪水と、鎖国の綻びの時代でもあった。「四谷怪談」「桜姫東文章」などで知られる四代目鶴屋南北は、奇抜な趣向で当時の「現代」を写しとり、かぶきに新たな地平をひらく。彼は世に何を仕掛けたか。革新とはいかなることか。稀代のかぶき研究者畢生の渾身作。

目次

  • 発端・「おお南北」か「だい南北」か
  • 南北の肖像
  • 南北の街
  • 劇界に身を投ずる
  • 立作者となる
  • 南北無学説
  • 奇想「鯨のだんまり」
  • 出世作「天竺徳兵衛」
  • 寛政かぶきのリアリズム
  • 小幕作者時代と道化方
  • 南北襲名
  • 生世話の誕生
  • 小説の視覚化
  • 見世物と南北
  • 「桜姫東文章」とその時代
  • 薬と毒薬
  • 「四谷怪談」とその前後
  • 南北独り旅「五十三駅」
  • 死もまた茶番

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21855937
  • ISBN
    • 9784062923781
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    221p
  • 大きさ
    15cm
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ