安全保障政策と戦後日本1972〜1994 : 記憶と記録の中の日米安保

書誌事項

安全保障政策と戦後日本1972〜1994 : 記憶と記録の中の日米安保

河野康子, 渡邉昭夫編著

千倉書房, 2016.8

タイトル別名

The long after war and Japan's security policy changes

安全保障政策と戦後日本 : 1972-1994

タイトル読み

アンゼン ホショウ セイサク ト センゴ ニホン 1972 〜 1994 : キオク ト キロク ノ ナカ ノ ニチベイ アンポ

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

年表あり

内容説明・目次

内容説明

戦後日本は「安全保障」とどう向き合ってきたのか。今なお続く安保法制問題の源流を解明する。

目次

  • 「樋口レポート」の歴史的位置づけ—研究者として、当事者として
  • 第1部 七〇年代の日米関係と安全保障(日米防衛協力に向かう日本の論理—対等性の模索と抑止の確保;佐藤政権期における基地対策の体系化—ふたつの有識者研究会の考察を中心に;防衛官僚・久保卓也とその安全保障構想—その先見性と背景)
  • 第2部 樋口レポートの史的考察(樋口レポートの作成過程と地域概念—冷戦終結認識との関連で;冷戦終結と日本の安全保障構想—防衛問題懇談会の議論を中心として;防衛問題懇談会での防衛力のあり方検討—防衛庁の主導的関与を中心として)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ