ロシア・ロマノフ王朝の大地

書誌事項

ロシア・ロマノフ王朝の大地

土肥恒之 [著]

(講談社学術文庫, [2386] . 興亡の世界史||コウボウ ノ セカイシ)

講談社, 2016.9

タイトル別名

ロシアロマノフ王朝の大地

タイトル読み

ロシア・ロマノフ オウチョウ ノ ダイチ

大学図書館所蔵 件 / 167

注記

原本は「興亡の世界史」の第14巻として2007年3月講談社より刊行

参考文献: p369-375

年表: p376-384

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

ヨーロッパとアジアの間で、皇帝たちは揺れ続けた。大改革を強行したピョートル大帝と女帝エカテリーナ二世、革命の中で銃殺されたニコライ二世一家。民衆の期待に応えて「よきツァーリ」たらんと奮闘したロマノフ家の群像と、その継承国家・ソ連邦の七四年間を含む、広大無辺を誇る多民族国家の通史。暗殺と謀略、テロと革命に彩られた権力のドラマ。

目次

  • 第1章 中世のロシア
  • 第2章 ロマノフ王朝の誕生
  • 第3章 ピョートル大帝の「革命」
  • 第4章 女帝の世紀
  • 第5章 ツァーリたちの試練
  • 第6章 近代化のジレンマ
  • 第7章 拡大する「植民地帝国」
  • 第8章 戦争、革命、そして帝政の最期
  • 第9章 王朝なき帝国

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ