華北交通の日中戦争史 : 中国華北における日本帝国の輸送戦とその歴史的意義

書誌事項

華北交通の日中戦争史 : 中国華北における日本帝国の輸送戦とその歴史的意義

林采成著

日本経済評論社, 2016.11

タイトル読み

カホク コウツウ ノ ニッチュウ センソウシ : チュウゴク カホク ニオケル ニホン テイコク ノ ユソウセン ト ソノ レキシテキ イギ

大学図書館所蔵 件 / 72

注記

参考文献: p265-274

タイトルは奥付による

内容説明・目次

内容説明

戦前の国民党政権の国有鉄道が日本の占領鉄道運営を経て、戦後の中国共産党政権の国有鉄道に再編されたことに着目し、戦前期、戦時期、戦後期に分けて華北交通を検証する。

目次

  • 第1章 戦前における華北鉄道の運営と日中両国の確執
  • 第2章 日中全面戦争の勃発と華北交通の設立
  • 第3章 華北交通の輸送力増強と輸送効率化
  • 第4章 日米開戦と戦時陸運非常体制
  • 第5章 輸送危機と自活自戦態勢
  • 第6章 戦後における鉄道運営と国共内戦

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ