書誌事項

美は乱調にあり

瀬戸内寂聴著

(岩波現代文庫, 文芸 ; 284 . 伊藤野枝と大杉栄||イトウ ノエ ト オオスギ サカエ ; [1])

岩波書店, 2017.1

タイトル読み

ビ ワ ランチョウ ニ アリ

大学図書館所蔵 件 / 95

内容説明・目次

内容説明

「美はただ乱調にある。諧調は偽りである。」(大杉栄)瀬戸内寂聴の代表作にして、伊藤野枝を世に知らしめた伝記小説の傑作が、続編『諧調は偽りなり』とともに文庫版で蘇る。婚家からの出奔、師・辻潤との同棲生活、『青鞜』の挑戦、大杉栄との出会い、神近市子を交えた四角関係、そして日蔭茶屋事件—。その傍らには、平塚らいてうと「若い燕」奥村博史との恋もあった。まっすぐに愛し、闘い、生きた、新しい女たちの熱き人生。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ