複数性のエコロジー : 人間ならざるもの (ノン・ヒューマン) の環境哲学

書誌事項

複数性のエコロジー : 人間ならざるもの (ノン・ヒューマン) の環境哲学

篠原雅武著

以文社, 2016.12

タイトル別名

複数性のエコロジー : 人間ならざるものの環境哲学

複数性のエコロジー : ノンヒューマンの環境哲学

複数性のエコロジー : 人間ならざるものの環境哲学

タイトル読み

フクスウセイ ノ エコロジー : ノン・ヒューマン ノ カンキョウ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 111

内容説明・目次

内容説明

「あなた」と「私」のエコロジー。現在、私たちが感じる「生きづらさ」とはいったいなんなのか?エコロジー思想を刷新し、世界的な注目を集める思想家ティモシー・モートンとの対話を続けるなかで辿り着いた、自分への配慮とヒトとモノを含む他なる存在との結びつきの哲学。

目次

  • 序章
  • 第1章 アンビエント・エコロジーへ
  • 第2章 荒廃のエコロジー
  • 第3章 「もの」のエコロジー
  • 第4章 幕張ダークエコロジー
  • 第5章 死んでゆく世界と一緒にいること
  • 第6章 内的空間へ
  • 終章
  • ティモシー・モートン・インタヴュー2016

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ