ウイルス・ルネッサンス : ウイルスの知られざる新世界

書誌事項

ウイルス・ルネッサンス : ウイルスの知られざる新世界

山内一也著

(科学のとびら, 62)

東京化学同人, 2017.2

タイトル別名

ウイルスルネッサンス : ウイルスの知られざる新世界

タイトル読み

ウイルス・ルネッサンス : ウイルス ノ シラレザル シンセカイ

大学図書館所蔵 件 / 169

内容説明・目次

内容説明

ウイルスといえば病原体を思い浮かべるが、“善玉ウイルス”の側面があることがわかってきた。小型細菌よりも大きな“巨大ウイルス”が見つかり、海洋や腸内細菌に共存する膨大な数の未知ウイルスについても網羅的な解析が始まった。ウイルスを用いた新世代ワクチン、がん治療、遺伝子治療など医療への応用も拡大している。ウイルス研究の新展開に目が離せない。

目次

  • 第1章 ウイルスの本体
  • 第2章 ヒトウイルスの起源
  • 第3章 現代社会がもたらすエマージングウイルス
  • 第4章 見直されるウイルスの存在意義
  • 第5章 広がるウイルス世界
  • 第6章 ウイルスの特性を利用する医療新技術

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23073580
  • ISBN
    • 9784807915033
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 146, 4p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ