日本とフランス「官僚国家」の戦後史

書誌事項

日本とフランス「官僚国家」の戦後史

大嶽秀夫著

(NHKブックス, 1245)

NHK出版, 2017.3

タイトル別名

日本とフランス官僚国家の戦後史

タイトル読み

ニホン ト フランス「カンリョウ コッカ」ノ センゴシ

大学図書館所蔵 件 / 207

注記

参考文献: p213-219

内容説明・目次

内容説明

フランスと日本は、先進国の中でも、左右のイデオロギー対立が極めて長く続いたという共通性を持つ。また、共に強固な「官僚国家」であり、エリートの主導によって高度経済成長を達成した点も同様である。本書は、戦後から現在までの両国の政治過程をパラレルに追っていく。ナチスへの戦争協力と軍国主義という「負の遺産」の克服、終戦から高度経済成長までの道筋、六〇・七〇年代の「民主化」の時代から八〇年代の「自由化」の時代への転換、イデオロギー対立の終焉とグローバリズムの席巻、そして現在のポピュリズムの高まり…。二つの「官僚国家」の七〇年の軌跡から、民主制の未来を見通す試み。

目次

  • 第1章 戦後への「負の遺産」
  • 第2章 イデオロギー対立の構造
  • 第3章 「官僚国家」の高度経済成長
  • 第4章 「民主化」から「自由化」へ
  • 第5章 世紀転換期の展開
  • 第6章 二一世紀の政治構造の変化とポピュリズム

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ