書誌事項

温暖化対策で熱帯林は救えるか : 住民と森林保全の相利的な関係を目指して

奥田敏統編

文一総合出版, 2017.6

タイトル別名

温暖化対策で熱帯林は救えるか : 住民と森林保全の相利的な関係を目指して

タイトル読み

オンダンカ タイサク デ ネッタイリン ワ スクエルカ : ジュウミン ト シンリン ホゼン ノ ソウリテキナ カンケイ オ メザシテ

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

内容: 序論, 第1章: 熱帯地域の土地利用と地球温暖化緩和策の導入の問題点(第1節「緩衝地帯の設定と炭素排出の抑制」, 第2節「REDD+を活用した森林保全」), 第2章: 地域住民と天然資源保全の相乗便益を図るための試み(第1節「国立公園をめぐる相克」-第4節「保護林の住民利用とそれによる森林保護の可能性」), 第3章: 相乗便益を長期的に担保するための仕組みづくり(第1節「エコツーリズム導入による相乗便益の確保」, 第2節「二項対立回避へのアプローチ」), 索引, REDD+をめぐる動き, 執筆者一覧

REDD+をめぐる動き: p206

引用文献あり

図版は巻頭の口絵に相当

収録内容

  • 序論 / 奥田敏統 [執筆]
  • 緩衝帯の設定と炭素排出の抑制 / 天野正博 [執筆]
  • REDD+を活用した森林保全 / 浦口あや [執筆]
  • 国立公園をめぐる相克 / 高橋進 [執筆]
  • カレン領域における境界画定と住民林業 / 竹田晋也 [執筆]
  • 国立公園内荒廃地の植生復元活動 / 鈴木英治 [執筆]
  • 保護林の住民利用とそれによる森林保護の可能性 : ミャンマー、マンダレー管区の農山村の事例 / 山田俊弘 [執筆]
  • エコツーリズム導入による相乗便益の確保 / 敷田麻実 [執筆]
  • 二項対立回避へのアプローチ : 農地開発に伴う生態系劣化と甦生 / 奥田敏統 [執筆]

内容説明・目次

目次

  • 序論
  • 第1章 熱帯地域の土地利用と地球温暖化緩和策の導入の問題点(緩衝帯の設定と炭素排出の抑制;REDD+を活用した森林保全)
  • 第2章 地域住民と天然資源保全の相乗便益を図るための試み(国立公園をめぐる相克;カレン領域における境界画定と住民林業;国立公園内荒廃地の植生復元活動;保護林の住民利用とそれによる森林保護の可能性 ミャンマー、マンダレー管区の農山村の事例)
  • 第3章 相乗便益を長期的に担保するための仕組みづくり(エコツーリズム導入による相乗便益の確保;二項対立回避へのアプローチ—農地開発に伴う生態系劣化と甦生)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ